お尻にできものが出来てしまい座れなくなりました。

事務員として働いていますがデスクワークの為に椅子に腰掛けて仕事をしています。

多い時で8時間は座っているのですが、ある日突然お尻に違和感を感じました。

固いしこりの様な物を感じてしまい異物が入っているのではと思う程でしたが痔ではありません。

日が経つに連れて徐々にしこりが大きくなって行き、触ると痛みが生じるようになりました。

鏡で見ると大きく腫れ上がっており赤く変色をしているのですが、明らかに膿んでいる状態でした。

座ると激しく痛み出してしまい、まともに腰を掛けて座れない状態ですし、衣服が触れて激痛が発生をしました。

対策としてお尻を半分浮かすように座る事で痛みを和らげていたのですが、その場しのぎに過ぎませんし傷みも増して行きました。

耐えられないと思っていた矢先、皮膚の表面が裂けだして大量の出血が起こったのです。

普段にも増して鋭い痛みが起こったのですが、その日を境に痛みが半減をして腫れも治まっていきました。

このような状態が年に数回続きましたし、治っては再発をする繰り返しの日々が続いたのですが、医院に診療をしてもらった所、皮膚の下に膿が溜まる粉瘤だと診断をされました。

普通、老化物は体外に排出をされるのですが皮膚の中に作られた袋の中に蓄積をしてしまい、中で菌が繁殖をして腫れあがってしまう病気です。

治療法としては袋を手術で取り除くしか方法が無いと言われ、先の事を考えて手術を受ける事になりました。

中から小さな袋が出てきたのですが綺麗に取り除くことが出来ましたので手術は成功です。

その後、再発もしていませんし仕事も違和感無く出来るようになりましたので手術をして良かったです。

[PR]
by mijikanaseibyou | 2017-09-21 10:55 | アソコの異常 | Comments(0)